こんばんは。 ミヤです。
昨日は、昨日の朝に投稿した後に数年前まで使っていた
PCを売りに行く為に出かけていたのですが
その査定などに時間がかかってしまい、帰ってきたのが’夕方頃・・・

気がつけば、本来投稿するはずの一曲シリーズ
今日投稿する事になってしまいました。すみません(´・ω・)

という訳で、昨日の分を挽回すべく今日の紹介をしたいと思います!

今日は、ブラームスの交響曲第1番から4楽章を紹介したいと思います!


ブラームスは今回紹介する交響曲の1番以外に、交響曲は4番まで
名曲の小作品だと、ハンガリー舞曲や、大学祝典序曲が有名です




個人的にブラームスの交響曲の中でも上位に入る楽曲で
もうティンパニがカッコよすぎるんです\(//∇//)\

この曲の聞きどころはたくさんあるのですが・・・
いくつかまとめてみました

① 動画では5:38~
→弦楽器、そして途中から入る木管のメロディーの旋律
これに私自身は遠い平原の雰囲気を思い浮かべ、聞いていて心が軽やかになりましたね・・・



② 動画では9:32~
→先程のメロディーが回顧され、再びあの雰囲気が浮かんでくるが少し雰囲気が異なる為
また更に違った印象が味わえる。
ちょっと砂漠地帯の印象・・・?

ただ、後半になるに激しさが増し、ティンパニも入ってくるのでこの辺も聞き所
③ 動画では16:56~
→ラストの追い上げ!
とにかく、どの楽器もかっこいい!
特に、弦楽器の「タッタタ タッタタ」と刻む所はクソかっこいいしここに重なってくるティンパニは超カッコいいんです!

 ティンパニのロール・リズムがメロディーをまとめていて、すごくかっこいいです!


是非聞いてみてくださいね!



ランキングに応募しています。
もしよかったらこのページもクリックしてください!

皆さんの1クリックでブログランキングがちょっとあがるかもしれません!