こんにちは(^_-) ミヤです^_^

今週からいよいよ新年度ですね・・・一年はあっという間にすぎていきますね(⌒-⌒; )
さて、そんな日にも、今日の一曲を紹介していきますよ!

今日紹介する楽曲は、モーツァルトのホルン協奏曲から第一楽章を紹介していきます(^_-)



この曲は、時々CMにも使われる名曲で、私の世代だと『いきなり!黄金伝説』というテレビ番組の中の
無人島などの食事が紹介されるシーンで使われていました。

全体的に柔らかいメロディーで、冒頭の弦楽、そしてそのメロディーをホルンが受け継ぐという聴き馴染みのあるフレーズは皆さんも聞き覚えもあるのでは無いでしょうか?


この楽曲は本来、初稿(一番最初に完成した楽譜の事)の状態では管楽器が入っていなくて、後に、改訂稿とされるジュースマイヤー版の際に管楽器が加わったとされています(Wikipediaより)

実際、この時にはモーツァルトはもう亡くなっていて初稿自体はほぼ完成せずに亡くなりました。
その後、ジュースマイヤーがこれを引継ぎ完成させた為、実質、この作品はジュースマイヤーの作品なのかなと思っても良いと考えています。

ですが、モーツァルトの色やユーモアも濃く残っていますよ。
冒頭のメロディや、協奏曲における楽器の独奏は彼の意思がよく垣間見えます・・・。

是非彼の作品を聞いて見て下さいね😆