ミヤさんの日々のネタ日記

このブログに来て頂き本当にありがとうございます! 平成9年生まれ男性→2014年3月〜血液透析をしています。 時々来てくれる相方もいます。のんびり読んで下さいね(´∀`) 日常のお話、透析のお話、色々書いています。 ぜひのんびりと一息していってくださいね。

2020年08月

こんばんは。ミヤです。
今日は、久しぶりに1日かけて遠出をしていました。

三河の方へ行っていました。
行ってきたのは・・・

・長篠堰堤余水吐(ながしのえんていよすばき
→ここは、いわゆる滝のような場所で、寒狭橋の下流方向に進んだ場所にあるもの。
本当に大きな滝のようなスポットで、落ちたら死ぬかと思うほど・・・
BBF49ACB-3240-4498-8D77-FC893FE8F791_1_105_c

いやぁ・・・。本当にデカかった。
ですが、今日みたいにクソ暑い日には少し体も冷えたので本当に助かりました(T . T)

四谷の千枚田
鞍掛山(標高883m)に水源を持ち、麓に広がる石垣による棚田です。

棚田は一度みた記憶がありましたが・・・
こんなに景色が綺麗な場所は初めてで、虫や生物の生態が豊かな場所も
初めてでとても感動!
歩くのも苦にならない程で、最高でした!
904964B3-D8DB-440B-B84D-8F21EAB18C40_1_105_c

この写真は、棚田を下から撮った写真。
正直、この写真が一番撮影がうまく行った気がします。


1063DD0B-26E4-48D4-A45B-8B7B4E39E757_1_105_c

この写真は上から撮った写真。
これもこれで情緒はありますが、秋になってからきたら
もっと眺めがいいのかなぁと思った一枚でした。

※ 電気柵などもあるので、通る時には当たらないように
露出が少ない服・感電しない格好で行くのがおすすめです・・・




では、今日も見にきてくれて、ありがとうございました!
次回の投稿もまた楽しみに!


読者登録や、Twitterも宜しくね!



------------------------------------------------------------------
ランキングに応募しています。
もしよかったらこのページもクリックしてください!
皆さんの1クリックでブログランキングがちょっとあがるかもしれません!

こんにちは。ミヤです。

今日は、75年目の終戦記念日という事で、自分なりに色んな話がかければいいなぁと思います。
終戦から約80年
当時の事を知る人達がどんどん亡くなっていき
自分の周りでも祖父母がいなくなった事で、そんな話が聞けなくなった事がちょっと寂しいです😭。

ですが、これからの時代、調べながら後世に伝えていくことは勿論の事ですが、風化させない事が大切だと思っています。
人間というのは、いつかはそう言った出来事を忘れてしまいます。
そして、思い出せずに、友人や知り合いに教えてもらう事も多々あるでしょう・・・

ですが、歴史といった物事は、その時代の当事者にしか分からない事が多いです。
なのでやはり経験者が亡くなるというのは、その時代の方々が亡くなってしまったり、資料が無くなってしまったりするのは大きいです( ;  ; )




先日、広島・長崎の75年の日にも記事を記載しています。
ぜひご覧ください。

私自身、平和というものが、現在の日本には勿論、アジア諸国に今一番必要な物なのかなと
思っています。
今の政権になってから、日本周りで紛争やゴタゴタが発生し始め、民主主義の崩壊も近いかなと感じています。
言論の自由が崩壊、政治的自由の崩壊、経済的自由の崩壊・・・

これからどうなるのか、正直不安です。

最後は、私の感想になってしまいましたが💦
ぜひ今後も読んでいただけると嬉しいです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ランキングに応募しています。
もしよかったらこのページもクリックしてください!

皆さんの1クリックでブログランキングがちょっとあがるかもしれません!

こんばんは! ミヤです!


今日は三日前に壊れてしまった(😭)自転車のベルを買いに、あとはしばらく溜めっぱなしだった古本を処分しにブックオフに行ってきました( ̄∀ ̄)
本・家電を売るならBOOKOFF(ブックオフ)
全部売って大体1000円…
まぁまぁいい値段になりました😊

ではでは、今日は、昨日の記事から引き続きになりますが・・・

アイーダ凱旋行進曲というこれまた名曲についてのんびり紹介しようかなと思います!



学生時代に音楽の教科書に乗っていて習ったよ〜という方も多いのでは無いのでしょうか・・・?
ぜひ楽器については昨日のブログでも挙げていますので、こちらもご覧くださいʬʬʬ
この子は僕も触った事がないので生涯で一度は触ってみたい!



この曲は、オペラ『アイーダ』の一曲です。
凱旋行進曲とも言われていますが、それは一体なんでしょうか?
凱旋を辞書でしっかり調べてみると
(「凱」は戦勝に奏する楽。→「旋」は帰る意味)から戦いに勝って帰る事。
とされています。

ちなみに私は当時、中学校、高校の授業でやった記憶は…さわり程度しかないですが、この凱旋行進曲だけは色んな所で
聞いた事があったので今でも好きな曲の一曲です!


オペラの大まかな概要はこちらの分かりやすい動画にまとまっていたので、ぜひご覧ください!


大枠として、このオペラの構図をまとめるとこんな感じです。


実際そこまで複雑ではないのですが・・・
やはり古代の内容なので時々ついていきにくくなる事はありそうかも?

ですが、それも面白いところ。
ぜひコロナが落ち着いたらみに行ってみたいですね!



ダイジェストには、映像と共にまとめられています!
ぜひ見てみてくださいね!


今日もありがとうございました〜(⌒▽⌒)

ぜひ次回も楽しみに来てくださいね〜(´∀`=)/



ランキングに応募しています。
もしよかったらこのページもクリックしてください!

皆さんの1クリックでブログランキングがちょっとあがるかもしれません!



こんばんは!ミヤです。
地元の方では、最近、どんどん最高気温が更新されていて
多治見などの方ではもうすぐ40度を越すのかなぁ…というような勢いが感じられます・・・(T . T)
室内で仕事をしながらも、暑いとかんじながら仕事をしていて暑さが止まらなく
冷房がないと汗と、水分(特に糖分系が良き…)が無いと死んでしまうのではと感じてしまう程です😭
そんな毎日を過ごす中、何とかここ毎日ブログ更新を欠かさずしてこれました!


今日は名曲をお届けします!





ヴェルディ作曲 鎮魂歌(レクイエム)の中から「怒りの日」という曲です!

何か、懐かしいCMが無いかなぁと探して見たらこんなものを掘り出しましたʬʬʬ
覚えている方も多いのでは・・・?
LOTOブキ先輩のʬʬʬ



この曲を聞く旅にこの二人が出てきそうで笑ってしまいそうで困ります(T . T)


では本題に・・・
この曲は、G・ウェルディという方が作曲していますが、この人は
ある楽器で有名に・・・(実はこの曲では無いんですが・・・)
何でしょう? シンキングタイムは1分間!  どうぞ!





答えは、アイーダ・トランペットという、超奇抜な、オモシロ楽器です!

ヤマハ YTR-6330F アイーダトランペット


この音楽については、明日ご紹介しますね!
この曲、実は皆さん絶対耳にした事が必ずあって
特にスポーツ観戦が好きな方は(あっ…ここまで言っちゃうとヒントになっちゃう(・ω・`))

実際に両方ともいろんな場面で聞く事が多い曲です!
特に今回の楽曲は、色んなCMで、特にピンチな時に使われる事が多いので
結構聞こえる事が多いのかも・・・
ぜひ聞いてみてね!

以上ミヤでした!


---------------------------------------------------
ランキングに応募しています。
もしよかったらこのページもクリックしてください!

皆さんの1クリックでブログランキングがちょっとあがるかもしれません!

こんばんは ミヤです。゚(゚´Д`゚)゚。
ここ数週間は本当に暑いとしか言っていない気がしますが・・・(T ^ T)
それぐらい暑いのを我慢して
病院に行く為に(透析に行くからね(´・ω・))外に出ています(´・ω・)
ちなみに、私は、暑いのも、寒いのも弱い為、正直な話春とか秋とかみたいにあれぐらいの時期が丁度いいですねʬʬʬ


さて・・・
前置きはここまでに…

今日は久しぶりに私がなかなか話さないピアノの楽曲を紹介します!
紹介する曲は、バッハのゴルゴベルグ組曲という曲です!

バッハは、皆さんご存知の方が多いのでは無いのでしょうか・・・?

5005


よく音楽室や音楽の教科書に載っている頭がモジャモジャのこのおじさん画像が有名ですね!

私は小学生の時の音楽に初めて見てこんな変な人がいたんだと知りましたʬʬʬ
ですが、今となっては、彼の功績が、痛いほどよく分かるようになりましたね。

有名な曲だと、『トッカータとフーガ』が有名ですね!

オルガンの曲の
中でも超有名なあの曲です!

僕が小学生の時には「鼻から牛乳」なんて言う変な替え歌が周りで流行っていたものです(爆笑)



どこかで聞いた事がある方が多いかも?

僕も気が付いたら知っていて
という感じでしたね・・・

ですがこの曲はバッハさんの名曲の中でも一番大作とも言っていいのでは無いでしょうか?
と個人的には感じています。


では、話を戻してゴルドベルク組曲の紹介へ・・・


この曲は先日の七夕の日にチラッとご紹介した『きらきら星変奏曲』と同じ
変奏曲の形を取っています。




元々は、二段のチェンバロの為に作曲された楽曲なのですが、現在はピアノの為の楽曲に書き直されていて、演奏はとても難しいもの・・・

本来は右手と左手が分離していたので、左右の手は違う動きをしていました。
ですが、現在のピアノの形になってから
楽器の形も手の動きも変わってしまい、動きも複雑に・・・

どのように動かすかを理解しないと演奏が難しいのです(T . T)

演奏者のランラン氏もこの曲の研究に20年の時間を
費やしているほどです:(;゙゚'ω゚'):(題名のない音楽会 2020年8月8日放送回より)
この発言は私もびっくりしました・・・。

実際この曲は聞くのも、演奏も体力を使います・・・

ぜひ聞いてみてくださいね・・・
上に載せているのは、チェンバロの物ですが
この下にピアノの物も載せておきます!





それでは、今日はここまで!

次回もまたみてくださいね!
Twitterもやっていますのでぜひご覧ください!


–– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– 

ブログランキングを登録しました!
皆さんぜひクリックして頂けると幸いです!
こちらのバナーからお願いします!

 


–– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– 




こんばんは・・・ ミヤです・・(p_-)

ここ最近、眠気が酷くなり困り果てています🥱

3705620_s

寝てしまうとすぐ寝れるのですが、本当によく寝れたという感覚に陥ることが出来ず、
最近でも日中でもあくびが止まらなく・・・

そろそろこの感覚をどうにかしたいのですが、
睡眠以外何かいい方法が無いかを探しています(T . T)

もし読者の方でいい方法があるとご存知の方はぜひ教えて頂けると嬉しいです・・・


それでは、今日もそろそろ寝ます・・・

おやすみなさい🌙

5005

こんにちは ミヤです。
今日は長崎の原爆投下の日から75年が経ちました。




先日の広島の記事と合わせてご覧頂けると幸いです。
今年は平和式典の参加者を例年の10分の1に減らし開催をするという事。
やはりこのご時世ですからね・・・
いつものように参加が出来ないというのも心苦しいものです(T . T)





長崎は45年の8月9日、11時5分に同市上空に落とされた。この原爆の愛称はFAT MAN.
当時、アメリカ軍の第一目標は福岡県の小倉であったか、皮肉な事にも天候不良で軍用機が途中から運行が難しくなった為、第二目標の長崎に目標を変えたとされています・・・。

この原爆による死者は推定7万人(当時の長崎市は推定26万とされている)と言われていて
それによる被曝被害者は今も数多くいます。

しかし、先日もお話ししましたが、この原爆による問題を風化させない為に
我々世代も次世代へ伝えていく必要があります。
現在、この戦争を経験した世代はどんどん高齢化していき、多くの方が寿命で亡くなられています。
それはもちろん、ヒロシマ・ナガサキに限った話ではありません。

この国には、原爆に似た爆弾も落とされています。

しかし、これらは原爆と同じような形をしている為、大きさや威力は似たような物。
多くの死者が出ています。

日本の教育ではヒロシマ・ナガサキの二箇所しか教えられませんが、実際は原爆以外の威力が強大なものも含めると、こんなに多くの物が落とされており、実際に多くの方が戦争で亡くなられています。(国内で約80万人とされています。)

しかし、私達はこの戦争から多くの事を学ぶべきではなかったのでしょうか?

平和そのものの大切さ。
→これは、前回も書かせて頂きました。
人間の社会には、言葉による精神的暴力や、手や足による、身体へ直接被害を加える暴力があります。
しかし、この社会、暴力はなくす事はできると思いますが、言葉によるものは中々減ってこないのかなと思ってしまいます。実際に、一つの言い間違いが破滅や破壊を引き起こしてしまって、時には誤った方向へと導いてしまうから・・・。
人間の愚かさや原爆の被害の壮大さ
→軍国制度や、国民精神総動員によって、日本を軍事中心の生活を追い込みより貧しく・子どもにも教育を受けれない生活に・・・、又、最終的には日本国民には貧相な生活を続けさせ、戦争中心の政治を行った国の政治体制にも問題はやはりある。
最終的には原爆や模擬爆弾が落とされた地域、対戦地域になった地域では、多数の死者が出ているが、やはり人は変わってしまうと言う事、そして、生活を余儀なくさせられてしまう。
悲しくなってしまいます・・・。
家族や近所付き合いの大切さ
→最後に。
この当時までに起こった戦争でやはり強烈に印象に残っているのは近所の繋がりの強さ。
現在の日本(特に都市部では)には中々見られなくなりましたね。
昔は、近所の付き合いが大切で、やはりこういった事が起こった時にすぐに逃げれたり、お互いに声をかけあったりすると言う事もあったのでしょう。
最近は中々見なくなりましたが、自分はちょっと悲しくなりました。

日本が、世界がもっと平和になる事を祈ります。

そんなこんなで、今回は終戦記念日を受けて、色々と綴って来ました。
ぜひおもった事があれば・・・



こちらから、コメントをお願いします!


こんばんは、ミヤです!

暑さもまし、日中は外に出るのがどんどん億劫になって来ています・・・
そんな中、コンビニで時々、ハンディ型の扇風機を見かけて度々「欲しいなぁ」と思っていて
先月からずっと悩んでいたのですが、この度とうとう買ってしまいました・・・。
2020年最新版】この夏必須!最新の人気ハンディ扇風機まとめ | イエモネ

もうこの暑さには、耐えれませんでした・・・(T . T)
ちなみに、これの黒を購入しました。
暑いですねぇ・・・

さて話は戻って、今日は、歌劇『カルメン』からトレアドールを紹介します。

まず、トレアドールって何かを説明しなくちゃいけませんね・・・
このトレアドールというのは、日本語にすると闘牛士の事です。
いわゆる、牛を戦わせる人の事ですね。
よくこんな人を想像する人が多いですが、本当にこれですʬʬʬ

376368_s

実際に、今回にこの人たちの歌を紹介します。

この曲、フランス語なので何を言ってるのかわからん人が多いのですがなんとなく調べてみました。
したら、みやすいサイトが出て来たので、今回はこちらを参照させて頂きます。


エスカミーリョ

この乾杯のお返しをさせて下さい
なぜって みなさん 軍人さんと
闘牛士とは うまが合うもの
どちらも戦いが楽しみだから

闘牛場は満員 お祭りの日
闘牛場は満員 上から下まで
見物人はわれを忘れて
大騒ぎ そのどよめき!
わめいて 叫んで 足を鳴らして
ついに興奮のるつぼとなる
なぜって 今日は武勇のお祭り
血気さかんな人びとのお祭りだから
さあ! 構えはいいか! ああ!
☆ トレアドール(※) 構えはいいか

 トレアドール トレアドール!
 だが忘れるな 戦いながらも忘れるな
 黒い瞳がおまえを見てるぞ
 恋がおまえを待ってるぞ トレアドール!
 恋が 恋がおまえを待ってるぞ!
(繰り返し)


不意に場内 水を打って静まりかえる
はて どうしたんだ?
叫び声ひとつ立たない その瞬間!
囲い場から跳ねあがって 牛がとび出す!

突進! 突入! 突きかかる 馬が倒れる
ピカドール(※)が引きずられる
「ああ! 強いぞ牛!」 わめく観衆
牛は進んで 来た来た! また突きかかる
背中に立った投げ槍をゆさぶって たけり狂って
牛は駆ける 闘牛場はもう血の海だ
みんな逃げろ 柵をこえて逃げろ
さあ いまこそおまえの出番が来た
さあ! トレアドール、構えはいいか ああ!
だが忘れるな 戦いながらも忘れるな
黒い瞳がおまえを見てるぞ
恋がおまえを待ってるぞ

☆ くりかえし

(一同)
☆ くりかえし

(フラスキータ、エスカミーリョ、メルセデス、カルメン) 
[交互に]

恋が、恋が・・・

(一同)
トレアドール トレアドール
恋がおまえを待ってるぞ


参照サイトはこちら







この曲は組曲になると、トランペットが、メロディーを演奏しているので、
それも聞きどころですね。
これもこれでえげつない・・・(個人的な感覚ですが、結構キーが高いんですよ・・・)


では、この曲はどこで歌われているのでしょうか?

実際には、この歌劇の中で酒場のシーンがあってこのシーンで
バリトンのソロがメイン時々ソプラノ(?)の歌唱が入って歌われています。

ぜひその様子もご覧ください(^^)/~~~(映像では1:00〜です!)




皆さんすごいんですよ・・・

バリトンまでなら、僕もなんとか出る気はするのですが・・・
(学生時代に歌もちょっと囓ってました時代がありました💦)
ですが、ソプラノの高音域は、未だにファルセットを使っても出せないです(・ω・`)

久しぶりに歌いたくなってしまいましたʬʬʬ

では、今回は今回はここまで😊


読者登録はこちらから、プロフィール欄にURLが載っています。
そちらからぜひお願いしますね!


では、次回もお楽しみにしてください!(^^)/~~~


–– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– 

ブログランキングを登録しました!
皆さんぜひクリックして頂けると幸いです!
こちらのバナーからお願いします!




–– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– –– 


こんばんは ミヤです。

最近、日に日に暑さが増している気がします🥵


3627488_s


私も最近はちょっとの用事でも、暑さの余り外に出るのが億劫になってしまう事が
増えてしまった気がします(T . T)

普段、元々在宅で勤務をする日は必ず朝、15分ほど自転車を漕ぎに行くのが日課でしたが
最近はそれすら億劫になってしまい、今日久しぶりに行ったのですが
実に1週間ぶりになってしまっていました。
もちろん、動かないと太りそうになってしまうのはヤバイというのはわかっていますし、
最近お腹周りも若干危ないのです。(脂肪ではないのですが元々出ていて少し凹ませないと・・・と危機感が(T . T))

暑さで、最近は家にいる事も増え、音楽を聞く機会も増えた為、少しネタも増えた気がしますʬʬʬ。

では、今日の一曲にうつりましょう😊

今日は吹奏楽の楽曲の中でも、名曲中の名曲で宝島という曲をご紹介します。

あにてれ :宝島 ←これじゃないよ💦



私も、学生時代に演奏した懐かしき名曲です( ̄∇ ̄)
打楽器が物凄く活躍をしていますが、特に冒頭のアゴゴという楽器は必見ですね(^^)



この楽器は、上下に大きさの違うベルがくっ付いていて、叩いて音を出します。


こちらではアゴゴの本格的なサウンドも楽しめますのでぜひ聞いてみてくださいね😊
私も当時、アゴゴを叩いていましたが、やはり難しいし、ソロという緊張感はありましたね・・・
(吹奏楽の編曲されていない楽曲でも、頭の4小節はアゴゴのソロでここが1番の見せ所でしたね。)

楽しくたたける良い曲です!

※ ちなみに作曲者の真島俊夫氏は2016年に67歳で逝去されていますが彼の作品は、今でも吹奏楽の中では語り継げられていて、特にこの作品は名曲として語り継がれています。

私もとても大好きで、今でも久しぶりに演奏したくなる楽曲です。

打楽器をメインで今回は紹介してしまいましたが、中間部には木管ソロもあり、金管のユニゾンによるメロディも見所ですよ〜!

是非是非聞いてみてくださいね!




ランキングに応募しています。
もしよかったらこのページもクリックしてください!
皆さんの1クリックでブログランキングがちょっとあがるかもしれません!

今日はこの辺で!
他にも記事を色々上げています!
ぜひ読者登録を下からして下さい(^∇^)


それではまたね(^^)/~~~

こんにちは。 ミヤです。

今日は久しぶりに、私なりの、のんびりとした実際に感じたものを踏まえて・・・
今生きるこの文化に関する意見を綴って行こうかなと思います。


① 政治に対する意見を言わない人が多すぎる。
さて・・・
近く、政権交代なんて噂がされていますが、選挙の時期になると選挙権を持っている皆さんは、どの政党に、入れる事がありますか?
こんな事を聞くのは野暮な話だと分かっていますが💦
実際に、この国では選挙や政党の話をするのは本当にタブーな話だとよく聞かされています。
私も理由まではよくわかりませんが、他人にとっては、「ここのこいつは嫌いだ」とか「この党は嫌いだ」と言う下らないものなのでしょう。
しかし、選挙というのは、国民の政策や政を決めるにあたり、その代表者になる人物を決める為に行われる大事なものであって、実際に各がどこのどの人物に入れるかで総票数や、得票数によって落選、当選が決まってきます。
つまり、無票や白票という意思表示をする事は
どの政党、どの候補者が通っても良い→どんな政策になっても文句を言わない
という意思表示の現れなのかなと私は感じます。
言い方が悪いかも知れませんが、変な候補者が出てきて、
それを白票や無票で通してしまった時に、この国にデメリットしかない政策が生まれても文句がないと解釈ができますよね?
そうならない為にも、選挙には行かないとと考え、いく様にしましょうね😊

② 年功序列の考え方が未だ残る。
国内では未だ、終身雇用制度とともに、年功序列制度がまだまだ残っています。
これには多くの課題があります。
A 生産性が伸びない
→評価をされる為に努力をするという意識が少なくなる為、
また、その様な議論をすることも少なくなる為
B 社員の高齢化による人件費高騰
→定着率が高くなれば高くなる程、それらの負担が増加する為
C 労働意欲が高い若手社員の離職率の向上
→A同様だが、評価をされる事が少なくなる為。

実際にこの様な意見が考えられるわけだが、他にもまだまだあるのだろう。
だが、この様な環境自体、現在は崩壊をしてきている。
実際に、バブル崩壊以降に賃金が払えなくなった事や、
生産性の低下でこの制度を維持する事が難しくなったからです。

しかし、年功序列という考えは古い人ほど持っている人が少なからずいるでしょう・・・。
ぜひこの考えを改めていただけると幸いです。

③ 日本のグローバル化に関わる話。
最近、東京オリンピックが中止になったが、昨年(2019年)にG20愛知・名古屋外務大臣会合推進協議会(所謂G20)が行われたのは記憶に残っている方も少なからずいるのではないでしょうか?

私も去年は空港でここには来ない飛行機を見て興奮しまくったのを覚えていますʬʬʬ
  ここからこの話を少し広げましょう。

日本が『国際化、国際化』と謳われるようになったのは、少なくとも私の記憶で新しければ愛知万博(2,006年)の頃ではないかなぁと思います。

この頃は海外から多くの方がこの地に訪れた為、私も少しは英語を喋れなくてはなぁと感じました。
今はなかなか喋る機会はありませんが、学生時代は大学にネイティブ教員がいた為喋る機会も多く、よく話す事がありました。
しかし、この頃から少し日本の国際化について少し違和感を感じていて、この国が言うglobarizationとは一体何なのかと考えた事があります。
英語が話せたらそうなのか?はたまた、文化を知っていれば?それとも両方を知っていれば?・・・
色んな事を頭が巡ってしまい、今でも時々考えてしまいます。
例えば日本で考えてみましょう。
日本の場合、文化は大分特殊です。
仏教はありますが、日本人の場合、全員がそれを信じている訳ではなく・・・
この時期にはこの宗教の行事を、この時期にはこの行事を・・・と言うように
様々な宗教をごちゃごちゃにしながら普段生活をしています。
そうなると、多くが無宗教か・・・もしくは仏教徒ではあるが行事的にはOKか?
などと考えられる訳です。
他にも、和服自体も日常できる訳でなく、輸入された洋物を使っています。
そのように、日常、身の回りで使っている物を考えていると、
日本は文化はあってないようなものかと感じます。
しかし、風土に関してはどうでしょう?
この点に関しては自慢できるのかな?
古来から残るお城や街並み、また古くから大切にされてきた景観など・・・
これが好きな方は多いのかなぁと思います。そしてこれを目的にいらっしゃる旅行客も多いと思います。

しかし、多くの日本人は、海外の旅行者全てに対し英語で話しかける姿を度々目撃しています。
ですが、ここは日本です。

日本という土地なのになぜ英語を使うのだろう?相手に失礼じゃないだろうか?
日本という国では日本語を使うのが、私達なりのお出迎えの挨拶ではないだろうか?
もちろん通じなければ、英語とかで挑戦すればいいだけです。
彼らにとって、「日本に遊びにきた!だけど途中で迷ったらどうしよう・・・(´・ω・)」
という心細い感覚です。
そんな時はそっと日本語で手を差し伸べてあげましょう。
GLOBALならそういう事にも少しでも気を使うべきです。
最近は翻訳アプリで喋った音声がそのまま自国語に翻訳できる
サービスもあります。最悪はそれに頼りましょう💦

そんなこんなで、今回はのんびり喋ってきました。
ぜひ、皆さんの意見もお聞かせください。

今回はこの辺で!
他にも色々上げています!
ぜひ読者登録を下からして下さい(^∇^)


それでは次回、お会いしましょう。

このページのトップヘ