ミヤさんの日々のネタ日記

このブログに来て頂き本当にありがとうございます! 平成9年生まれ男性→2014年3月〜血液透析をしています。 時々来てくれる相方もいます。のんびり読んで下さいね(´∀`) 日常のお話、透析のお話、色々書いています。 ぜひのんびりと一息していってくださいね。

日常の話、透析の話や趣味の話をのんびり書いています(*´∀`*)
20になる前から透析をやっているので、若い透析患者さんや腎臓が悪い人にも読んでほしいなぁ(願望)
また、趣味の話も結構書いてるから色んな人が読めると思います。
是非読みにきてね(*≧∀≦*)

こんばんは。 ミヤです。

ここ最近、色々と自分が入退院を繰り返すようになってからでしょうか?
また、社会人生活も徐々に慣れてということもあってでしょうか?

この日本という国において、なかなか生きることに対して
自分のように透析、そしててんかんという人一倍重いハンディキャップを抱えている人間にとっては
何か一つは犠牲にしないと、生きる事が難しいという事を最近学びました。


僕の中で、それは組織内における人間関係でした。 

というのも、一般的には、学生生活を終えると通常は社会人としてどこかしらの
組織に所属をしながら、自分らしく働きながら、自分の価値観を見出していく事が
一番の人生設計なのだろうと思っています。

しかし、自分は
そんなものはとうの昔に諦めました

どこかしらの会社に所属しながら普段は仕事をしているものの
人としっかり人間関係を築く事や、深い悩みを相談する事
さらに言えば、産業医などにいくら話をした所で、こちらが求めるような答え
さらには、自分と真逆の回答を出してくるため、信頼もクソもなくなってしまい
人を信頼するのをごく一部の人に限り、殆どの人を業務関係のみの話に絞りました。
基本的に上司であっても同期であっても、仕事以外の話はせず
持病に対して理解のある人のみと深い相談をしています。

残念な事に、現在の日本は、そういった障害に配慮がないのが現状で
なかなか持病を持つ当事者たちは、自分たちのことを深く相談できないのが現状なのかなと思います。

僕自身も、実際に色々な事を生きる上で諦めてきました。
就職にしても、進学にしても、学内行事にしても・・・
特に学生時代は、透析導入直前だったということもあり
語学研修に行けなくて悔しい思い出しかなく、今でも同級生が羨ましく感じています。 
当時留学で日本に来ていた友人も何人かいて、彼らとも時々メッセージで連絡を取り合っていますが
やはり、無性に会いたくなる事があるものです・・・。

それでも、この国は障がい者に対して
何かを馬鹿にしたり、陥れたりする文化(悪くいって仕舞えばこうなっちゃいますが・・・・)
がこのまま続いちゃうような気がします。
そして、これがずっと続くようなら、この国に永遠に
いい未来は存在しないのかなと自分自身は感じています。

皆様も、ぜひ自分ごとと捉えていただきたいです。
この病気は、誰でもかかってしまう可能性が大いにあります。 
まわりを見渡しながら、自分の悪い部分がないか、そして
自身の周りの持病を持つ人に対して、何か悪い事をしていないか
ぜひ自分の行動をちょこっとでも見直してみてください。

本当に、そのちょこっとの積み重ねが日本を変えるかもしれません。
そして明日の社会を変えていくかもしれません・・・。

皆様の行動一つが社会を動かします。
ぜひ今日から実行してみてください。

-♪-~-♫-~-♬---♩-~-♪-~-♫----♬---♩---♪-~-♫-~-♬---♩-~-♪-~-♫----♬---♩--♪-~-♫-~-♬--

読んでいただきありがとうございました。

このブログでは、ぼく自身が、普段から感じている事の他にも
趣味の話もしています。
たまに友人が書き込みしてくれます。
書き口が違うのがあったらその人です。

ぜひ覗きに来てください。

 

こんばんは。ミヤです。

今回の話は、日本で生きる皆様に対し
敵にまわす発言をする可能性があります。
 その事を留意して読んでいただけると幸いです。

この話のそもそもの起源は、学生時代に遡ります。

部活動
様々な上下関係
人間関係・・・

そんな生活を送る中で、一つの共通点に気がつきました。

この国では、なぜ、いちいち上の人間を立てて自分を下に下げる必要性があるのだろうか?
そして、そんな変な風潮が、美徳とされてしまっているのか?

僕にとっては、それが不思議でなりません


実際に生きている中で、日本のほとんどを支えているのは
なぜかわかりませんが、ストレス社会によって支えられています。

しかもその対価は労働が1とした場合、それによって受けられる対価は
約50〜70%程なのではないかと思っています。
そして、そこから家事や(僕の場合は病院を)入れた場合、自分の自由に残された時間はほとんど有ってないような物…。その為、現代社会において、組織に属して働くという事に対して、僕自身は本当に不思議に思っているのと同時に、自分の価値観を見直したり、自分の意見をこのような形で世間にあげていったりする事の方が、もっと大事なのではないかなと思っています。

もちろん、辛辣な事も書いているのかと思っています。
ですが、それはこの国においてもそうですし、日本人一人ひとりの意識を見直すきっかけにもなるのではないかなとも思っています。

それは難しいことではあると同時に、自分一人の世論では余計に大変だとも・・・
でも、これもちょっとずつ続けていく事が、大事なのかなと思っています。


-♪-~-♫-~-♬---♩-~-♪-~-♫----♬---♩---♪-~-♫-~-♬---♩-~-♪-~-♫----♬---♩--♪-~-♫-~-♬--

今回も読んで頂き、ありがとうございました。

こちらに各種SNSあげています。
ぜひ覗いて見てくださいね!




ノートはこちらから

 

こんばんは。ミヤです。

今回は、僕がここ最近、生きる中で感じた
日本という国にある、差別の中にまず生まれてしまう日本の悪さ
というものに少し迫って見たいと思います。

まずこの国の根幹に教育の不合理性のようなものがあるのかなと思っています。
というのも、基本的に、教育カリキュラムに則った内容しか教えていなくて
道徳的な内容や、実際に社会に出て困ってしまう内容を全く教えていないと思っています。

その影響で、子供たちはイジメや格差について無知になってしまい
結果的に社会に出ても、そのままの知識のままでてしまうわけです。

その影響で、自分達のように、持病を抱えているような人たちや
何かしらのハンディキャップを持っている人たちは
とても生きにくさを感じています。

実際に僕は、こちらの記事でも記載しています。





どちらも僕が運営しているノートです。
ぜひご覧ください。

実際に、こちらでも似た内容を記載していますが
本当に障がい者に対する社会参画、そして日本人の意識をもっと変革していかない限り
この国は変わっていかないと強く感じています。

こういう世界を作る為に、日本はもっと道徳的な教育をしていかなくちゃならないのと同時に
このような事をもっと取り入れていかなくちゃいけないと思います。

・障がい者教育に対してもっと寛容になること
特に、子供たちはそういう自分と違う世界に対して
本当に自分より格下にしがちな印象があります。
その為に、そう言った人たちに対して平等に接する事を教えるのはもちろんですが
自分以外の人の立場に立って考える事をもっと教えるべきだと思います。

・自分以外の人に対してもっと興味を持つ
今の子供達は、SNSの影響で、なかなか実際に人と会うという事はもちろんですが
話す事やコミュニケーションもなかなか難しく
僕自身も学生時代に10個下の後輩達と色々とコミュニケーションを取るのには
苦労をした記憶があります。(当時、小学生から大学生まで所属できる地元の管弦楽団に所属していました。)

他にもまだまだ足りない部分はありますが、大きくいうと
足りないのはこの二つかなと思います。

ですが、まだまだ日本人の中で足りないのかなと思っています。

皆様もぜひ見直して見てください。

そして、自信の中にもハンディキャップ
があるということも
自覚しながら人生を謳歌して頂きたいです。

 皆様も、そのような感覚を少しでも持っていただけると
持病を持つ身として、そして、ハンディキャップを抱える身として
本当に嬉しく思います。

ぜひこの考えも皆様の中に取り入れて見てください!

-♪-~-♫-~-♬---♩-~-♪-~-♫----♬---

本日も読んでいただきありがとうございました。

不定期配信にはなりますが、ノートやこのブログなど
さまざまな媒体で配信しています。

各種リンクはこちらから!




ノートはこちらから!
 


ブログはこちらから!

 

 

こんばんは。 ミヤです。

皆様、お元気でしょうか?
ぼくは相変わらず、体調は良くなく
退院したてということもありまだまだ体力回復にも時間がかかりそうです…。

昨日からずっと吐き気も酷く・・・
もう座っているのもやっとというのが今週の調子です・・・😭

そんな自分ですが、普段は仕事の傍ら、週三回の透析通院とともに、その他にもたくさん一人では追いきれない程の持病を抱えています。実際に、今年だけでも検査入院を2度もしており、この結果次第では大きい手術も検討しなくてはいけなくなってきました。
というのも、腎臓以外に、脳外科系の病気も少し持っており、その関連で、小学校高学年から苦しんでおります。
一時期、落ち着いた時期はあったものの、大学時代に再発、社会人になって本格的にその病気が大きく出てきてしまいました。
薬ももちろん飲みながらやってはいるものの、落ち着く気配がなく、最近は脳波をとったり、様々な検査をしたりと正直、会社の人間からしたら「お前なんかいなくてもいいよ」と言われているようにしか見えず、そこから更に体調を悪化させるという悪循環になり、今の体調につながってしまっています。

最近は、会社に行くだけで体力がなくなってしまい、仕事をする余裕などありはしません。
その為、ここ2ヶ月ほどはしっかり働いた記憶などありはしません。
本当に、軽作業と労働時間だけでお給料をもらっているだけなので、同僚には悪いとすごく思っていると同時に、自分の存在価値がどんどんなくなってしまっている実態があります。

本当にこれから、転職も視野に入れたいところですが、本当にそこで生きていけるかも心配ですし、 自分の存在意義も確かめれるかもわからず、ずっとモヤモヤしています。

まずは病気をしっかり治したいですが、それも現代医学で叶うかどうか・・・。

治ったら独立したいなぁとも思いますが、一人でやっていける自信もなく・・・。
不安しか見えない自分がいる為、今は目の前の持病を治すのに精一杯な自分がずっと付き纏っています😭

本当に生きていけるかもそうですが、男として、今の彼女を守れるか
それも不安です。 

こんばんは。 ミヤです。

しばらく更新がまた止まっておりました。

先週1週間、また脳波の検査の為、病院で入院をしていた為に
しばらく、SNS断ちをしておりました。

そして更に言うと、この1週間の期間以外にも、眩暈や意識障害などで
体調を崩してしまったり、復帰してからも体力が戻っていなかったりと
なかなか日常の生活に戻れずに困り続けています。

実際にこのブログを書いた日も、午前中に結構大きな目眩を会社で起こしてしまって
仕事から帰ってきて夕方まで自室のベッドの上で横になっていました。
なかなかめまいも治らず、このブログを書いている今も、クラクラしているので困っています。

実際に仕事に行っても、就業時間いっぱいまで仕事をする事ができなかったり
会社に行くこともままならなかったりと・・・・

本当に困ることばかりです( ;  ; )
おそらく、ストレスに弱いのもそうですが
部署の上司が昨年度から丸っと変わってしまったのが影響してでしょうか。
自分に降りかかるストレスが大きくなってしまい
どんどんてんかんの症状につながってしまっているのかなぁなんて思っています。

困ったものです。

ちなみに、今回の検査入院の結果は来月末に出ますが、あまりいいものが出ると思えないですね・・・
と言うのも、思ってた以上に入院中に大きい発作がなかったのがきつかった😭
この先の検査もどうなるか・・・

これから、本当に生きていけるかなぁ・・・😭

 

このページのトップヘ